最初のセイコープレサージュにはスプリングドライブが装備されています

好事家が喜ぶ、スプリングドライブで「琺瑯(ほうろう)」ダイヤル。

セイコーは、日本の美学を体現する時計から、セイコー独自の駆動機構「スプリングドライブ」とプレサージュの代名詞である「ヘンロ」ダイヤルを組み合わせた最初のシリーズ(2モデル)です。 )は、2019年10月11日金曜日に日本および海外市場でリリースされます。

これは安い価格ではありませんか? セイコースーパーコピー
「スプリング駆動」は、セイコー独自の駆動機構であり、1日あたり±1秒という高精度を実現していますが、これは過去には発見されておらず、ゼンマイによって駆動されます。仕掛けとしての工夫は、実用以上に音がなく、スイーパームーブメントとして機能するのに十分なほど、秒針が文字盤の上部に移動すると呼ばれ、ウツロイの針は際限なく流れます。 20年以上の開発の後、このメカニズムは絶妙な職人技と先進技術の統合に由来し、日本の絶妙なものづくりの美学を反映するムーブメントになります。

セイコーが製造した最初の国内時計「ローレル」の文字盤に使用されているエナメルは、粘土、純水、ガラスなどで作られた鉄gl薬で、不純物はほとんどありません。それは適用され、高温で焼かれます。 mberは古くから使用されている素材ですが、温度や湿度に応じてgl薬成分の割合を調整する必要があるなど、非常に高いスキルを必要とするため、永く、色褪せることのない美しい琺瑯ダイヤルは。横澤満氏の監修のもと、独特の白さと温かみのある光沢が特徴の、長くて美しいフェードのない色あせたダイヤルが作られました。 2つの黒い色で開発されました。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です